ゲゼル研究会講演会を名古屋にて開催します。

しばらくお休みをしていました、ゲゼル研究会講演会を
下記のとおり開催したく、ご案内いたします。

        記
1 日 時 9月7日(土)13時30分~17時
2 場 所 名古屋市立大学桜山キャンパス
      医学研究科・医学部研究棟
      ★交通案内
      http://www.nagoya-cu.ac.jp/1480.htm
      ★キャンパスマップ
      http://www.nagoya-cu.ac.jp/1519.htm
3 話題提供(ぜんぶ仮題ですが)
   森野栄一「非負制約とマイナス金利」
   河宮信郎「先端技術の効率性神話」
   青木秀和「エネルギータームで測る持続可能性」

自由経済研究、第37号、2012年6月刊

自由経済研究、第37号、2012年6月、が刊行されています。

特集 ワットシステム
大規模な破滅的事象後の復興のためのP2P経済 斎藤賢爾ほか
ぼくらのおカネをつくろうよ(下) 森野榮一ほか
社会主義の経済学と哲学 ノーマン・バリー

編集 ゲゼル研究会
発行 ぱる出版
〒160ー0003 新宿区若葉1ー9ー16
電話 03ー3353ー2835
FAX 03ー3353ー2826

入手ご希望の方は上記へお申し込みください。

ゲゼル研究会開催のご案内

ゲゼル研究会開催のご案内

★期日 9月10日(土)
★時間 13時30分~17時30分(開場は13時)
★会場 中京大学名古屋キャンパス・
センタービル0605教室(6階)
★地図 http://www.chukyo-u.ac.jp/information/facility/g1.html
★テーマ 「大震災後を生きる」
◎河宮信郎「金融経済と原子力発電-安全神話の完全崩壊(仮題)


◎青木秀和「みちのくの構想力―森野氏の提起をうけて―」
★連絡・問い合わせ先 info@grsj.org

自由経済研究、第36号

ゲゼル研究会雑誌、「自由経済研究」第36号が刊行されています。

二宮尊徳の空間経済 森野榮一
ぼくらのおカネをつくろうよ 森野榮一・斉藤賢爾
幸福指標をめぐって 奥沢邦成
入手連絡先
ぱる出版 160-0003 東京都新宿区若葉1ー9ー16
電話 03ー3353ー2835
ファックス 03ー3353ー2826

みんなで考える道徳、6年生

日本標準さんに、小学校6年生、道徳の教科書(なのかな?)で地域通貨を取り上げていただきました。
献本をいただきました。
ありがとうございます。
もし小学校6年生のお子さんをお持ちで、幸運にも、日本標準さんの教科書が使われている場合は、よろしければご参照ください。

生き残りし者

一ヶ月経っても、大震災とその後の展開に気が落ち着かない。 
幾度も訪ねたことがある町の壊滅した光景をテレビで見せられ、思い出す挿絵が一つあった。 
第二次大戦の終わり、1945年にスイスのベルンで、シルビオ・ゲゼルの思想を紹介する書物が刊行された。 
「生き残りし者たちに、シルビオ・ゲゼルの思想」というゲゼルの言葉などを集めた平易な解説書である。 
その、「失意、信念、そして希望」という章に、この挿絵がある。
überlebenden.png
 
いま震災と原発事故による黙示録に直面して、同じ状況にあるなと思う。生き残っているという気持ちを持つことから復興へ向かいたい。 (森野榮一)