GRSJ HOME < ディスカッション
公的資金って、何?

::Aoki,Hidekazu

ある方から、次のようなご質問を受けました。

知りたい疑問
公的資金はいったいどこから出てくるのか?
銀行への再度の公的資金投入が 何兆円の単位で語られています。 推測される銀行の不良債権20兆以上を一気に投入すべきだとの意見も新聞に載っていましたが・・・、
国家予算が、80兆円規模の国、それも30兆円も債務なのに・・・、なんで??? 国・自治体の債務は累積何百兆円なのに・・・・、

北朝鮮にも 相当の資金援助?
ODAへも・・・ ¥?¥?

日銀が勝手に刷ってるの ¥?
これじゃあ 小学生の質問ですね・・。
そうじゃあ ないと思うのですが・・・、
どうも子どもにも説明できない?¥?¥?

たぶん、国民を含めた日本の総資産から 貸し借りを考え なければならないでしょうが・・・、

このあたりの 日本全体の 国家・家計状況を小学生上級生くらいにも わかりやすく、どなたか教えてくれないでしょうか・・・?

 ご質問の「公的資金」、色々な人が委細構わずかなり不用意に使っています。
が、「しかして、その実体は?」となると全くもって明確ではありません。なの
に新聞でもテレビで毎日にように使われています。「いったい、何なんじゃ?」
というのがフツー人が抱くフツーの疑問です。

 そこでまず、「公的資金」の出所を考える前に、公的資金を使って銀行に「資
本注入」するということとは、具体的にはどういうことか、ということから考え
てみましょう。

 これは、政府が、銀行が新規に発行する自社株や債券を買ったり、ローンを引
受けたりすることを言います。簡単に言えば、国が「公的資金」で新株や債券を
買ってあげるということですね。そうすると株式や債券と引き換えに銀行にお金
がいって、銀行の「資本増強」が図られるわけです。

 ところで国が用意する「公的資金」の出所は二つしかありません。そうです。
税金(現金)か国債(借金)です。ところが現状は経常費すら足らず、赤字国債
を30兆円も発行しなければ予算も組めない状態です。ですから、銀行への「公
的資金」注入も結局は「国債」でしかできないわけです。

 そうなんですね。「公的資金」とは「国債」のことなんです。

 実際、過去の2度の「公的資金」注入も、本来は預金者に払い戻すお金が一時
的に足りなくなった時に備えて資金をプールしておく「預金保険機構」という銀
行同士の互助組織に国債の現物を渡し(これを「交付国債」といいます)、必要
に応じて「換金」(国債を売って、現金を用意する)して銀行の資本増強を図る
というやり方が取られています。

 さて、ここからなんです。よく考えてみると、面白いというか、アホらしいと
いうか。ほんとバカバカしくて最後は悲しくなるようなことが見えてきます。

 まず、国債を買うのは誰なんでしょう?そうなんですね。やはり銀行を中心と
する「総体としての金融システム」なんですね。もちろん郵便貯金とか、簡易保
険、生命保険、損害保険なんかもこのなかに含まれます。

「えっ、でもそれはおかしいんじゃないの?だって、金融システムが危ないから
『公的資金』による資本注入が必要なんで、金融システムに国債を買うお金があ
るなら、それを使って〈健全化〉できるはずじゃないの?」

 そうですね。それは当然の発想です。

 金融システムに属する『金融機関』というのは、普通の事業会社と違い、顧客
から預かったお金を〈運用〉して自分の経営を成り立たせています。お金を〈運
用〉するとは、ごく簡単言っちゃえば、お金を「貸す」ことです。しかし、お金
を貸したけど返して貰えなくなると、その損失は〈自己資金〉で埋めるしかあり
ません。まさかお金を預かった人にそれを被って下さい、とは言えないからです。
(これが、いわゆる「不良債権」「不良資産」問題の本質です。)

 その〈自己資金〉の源泉が「業務純益」(銀行でいえば「貸出金利」と「預金
金利」の差額、「利鞘」)です。この「業務純益」を稼ぐためには資金の〈運用
〉(つまり新規の融資)が必要ですが、今の世の中、(金融システムから見て)
優良な借り手(貸し金を確実に返してくれる見込みのある融資先)がほとんどあ
りません。

 しかも、BIS(国際決済銀行)規制とか早期是正措置とかがあって、金融シ
ステム(の内とくに銀行)は「不良債権」を持つことを極端に嫌って「貸し渋り」
どころか「貸し剥がし」に走っています。

 こうなると、「業務純益」というお金を稼がない、すなわち預金者に〈利子を
払えないお金〉が金融システムのなかに、じゃぶじゃぶ余ってしまうわけです。
まあ、今の金融危機というのは「使えないお金」を金融システムが大量に抱え込
んでいることが原因の一つでもあるのです。それが金融機関のそれこそ「経営危
機」を招く遠因になっていると言えましょう。

 そこで、国債という元利保証のついた「優良資産」なら安心して買える、とい
うことになります。「総体としての金融システム」は、国債を買って一旦は国に
お金を渡すことができる資金を持っているのです。

 ところが国はこの「公的資金」ですぐさま銀行株や銀行債権を買い上げて、現
金を銀行に戻してしまうんです。

 そうなんですよ。実態は、国債と(金融システムが発行した)株券、債券と交
換しているだけなのですね。

「えっ、それじゃ、実際にお金は動いていなんじゃないの?」

 なるほど、なるほどの疑問です。

 ところがそうじゃなんですね。よく考えてみてください。国債を買うのは預金
者のお金の〈運用〉でしょ。つまり、金融システムの「自己資金」じゃなくて、
預金者から「預かったお金」で国債を買うのです。でも、国から戻されるお金は、
まさに「資本増強」のためのお金、金融システムの「自己資金」になっちゃって
いるんですよ。

 つまり「預金」を「資本」に化かすというのが、「国債」を使った「公的資金」
注入の本質です。どんなにやり方を複雑にしてみても、この構造は変わりません。

 この場合、預金者たる国民と納税者たる国民は二重に欺瞞に付き合わされてい
ることになります。「預金」を「資本」に化かすという欺瞞、これはいま見まし
た。もう一つは、その「預金」を取り戻すためには、先ず「税金」を払わなけれ
ばいけない、という欺瞞です。

 だってそうでしょう。「預金」は「国債」に換わっているわけです。その「国
債」の償還は(未来の)「税金」からしかできません。税金→国債償還→現金→
預金払戻という回路を通らなければ、自分のお金を取り戻すことはできないので
す。

 このことはよくよく理解しておく必要があると思います。

 さて、これから起こることをちょっと予想しておきましょう。今の貨幣価値を
保ったまま「不良債権」を処理しようとすれば、返ってくる見込みない貸したお
金は諦めるしかありません。どの道、「借金棒引き」しかないのです。しかし
「借金棒引き」は簡単に出来るわけはありません。大規模なリストラとか会社整
理と引き換えでしかできません。そうなると倒産や破産が続出することになりま
す。失業者はどんどん増大し、賃金はますます押さえ込まれることになるのは間
違いないでょう。

 いっぽう、借金返済を表面上取り繕おうとすれば、貨幣価値を下落させて債務
の大きさを相対的に小さくするしかありません。そう、インフレ経済です。いま
盛んに言われている「インフレターゲット」論も真の狙いはここにあります。

 どちらにしても、購買力の低下という大変な代償を伴います。おそらく、3月
以降、これが同時に起こってきます。物価上昇下の高失業という悪性のスタグ
レーションにこの国、いや世界経済全体が向かわざるを得ない、とボクは見てま
す。

 いま、庶民ができることは、お金の価値が高いうちに、性能のいい物を買い揃
えておくことくらいでしょうか。余裕金があるなら、やはり金(キン)に換えて
おくべきでしょうね。余裕金が「あれば」の話ですが・・・。

それより、これからは人と人の結びつきがもっともっと大切になってきます。
良好な人的ネットワークを作っておくことが最大の生活防衛になります。

最後に、良書をひとつ紹介しておきましょう。

 藤原直哉『日本経済自然死の瞬間』(ビジネス社・1500円)

 ぜひ、一読してみてください。いまの状況とこれからのヒントが満載されてい
ます。

GRSJ HOME < ディスカッション

2002 Gesell Research Society Japan: All Rights Reserved