汁講

地域通貨がたいそう耳目を集めていたころを思い返してみて、果たして地域通貨はその仲間を呼ぶ言葉を作り出すほどに、深さのある連帯を作りだしたのであろうか、と思うときがある。

というのも、柳田國男は、明治から大正にかけて、講から共済組合へと推移する地域社会の職縁や地縁などのさまざまな共同のあり方を研究するなかで、こう教えてくれていたから。

「”けやく”といふ言葉が東北地方などで友を呼ぶ語に用ゐられて居る。元は契約講の仲間といふ意味で、講中の者を呼び懸ける親しみを意味してゐるが、是は宛(あたか)も一つの兵営生活をした者が、戦友と呼び合ふのと非常に似てゐて、親しい愛情が含まれてゐる。尊敬しておやぢと呼んで居るところもある。漁夫などは互ひに”こて”と呼び合ふのも、御亭だか何だか知らぬが、元は講中仲間の親しみを現はす言葉に他ならぬのであつた。」(強調のルビがある箇所は” ”で引用者が囲った)
(柳田國男、「伴を慕ふこころ」、『明治大正史』世相篇所収)

講への関心や、なかには北米先住民のメンバの同等性を競い合い互酬性を特徴とするポトラッチなどまでもちだす人が地域通貨のなかにはいた。それへの連想から、一品持ち寄りの感じでポトラッチを理解する方もいた。しかし、それとの関連でいえば、たとえば、江戸時代の汁講について知る人はどれだけいたのかなと思う。近隣や仲間に食事を呼びかける人は鍋にいっぱいの汁だけ用意する。その他の食事は各自持ち寄るのだが、そこでの関わりの様子がポトラッチとはだいぶん違うのだ。

仲間を呼ぶ言葉が生まれこないうちは、そこでの共同は持続性のない、はかないものかもしれない。もちろん、共同は拘束的側面ももつから、はかない一期一会の自由を地域通貨の関係が理解していたとすれば、それは地域通貨のポジティブな一特質といえるかもしれないが、それでも、心持ちを同じくする者たちの呼びかけの言葉は生まれて欲しかったと思ったりする。

(森野榮一)