人間の経済 2002

第65号、02年12月22日発行

  • 景気に反応しない日本株 曽我 純 
第64号、2002年12月7日発行

  • 未来バンクの実務 未来バンク理事長 田中 優
  • 哲学 への いざない (12)岩田 憲明
第63号、2002年11月17日発行 

  • 30年代の米資産減価と経済の長期停滞 曽我 純
第62号、02年10月25日刊行

  • 日本経済新聞に謹んでもの申す:このさい環境税制改革による脱原発を!朴 勝俊
  • 「元気やさいネット」と「とらたぬ農業協同組合」のこと 片柳 義春
第61号、02年10月12日発行

  • フランス・メッツでの個展報告 白川 昌生
  • 『誰でもわかる地域通貨』韓国語版への序、日本語版 森野 栄一
第60号、2002年10月9日発行

  • フランス地域通貨の現在(3) ―Route des Sels とRoute des Stages―川野 英二
  • コミュニティ・ボンドの概要について 泉 留維
  • ゲゼル研究会年末講演会のお知らせ
第59号、2002年10月1日発行

  • ゲゼル研究会講演会ご案内
  • 国力を衰退させる公債と公共事業―「公共政策の倫理学」刊行に寄せて―青木秀和
  • <地域通貨は今> (9)
  • グループ元気市場 元気券 資料提供 グループ元気市場事務局 ウラシマユージ
第58号02年9月29日発行

  • 自己を見失った日銀 曽我 純
  • フランス地域通貨の現在 2
  • ―Intersel 2002報告:アトリエ「間接的相互システムとヨーロッパの実験」―
第57号

  • 「利子ともインフレとも無縁の貨幣」第2章(2)マルグリット・ケネディー今井 重孝 訳
  • <地域通貨は今>(8)
  • グループ元気市場(2002年8月1日設立)規約書
  • 「元気」運用規則 情報提供 グループ元気市場事務局 ウラシマユージ
第56号

  • フランス地域通貨の現在 1 ―Intersel2002報告― 川野 英二
  • 貝が法定通貨?!泉 留維
第55号

  • 川野 英二、「フランスの社会・連帯経済と地域交換システム」
第54号、02年9月20日刊

  • 東アジア実学研究会国際シンポジウムinソウル[02年10月29日~11月2日]発
  • 表予定稿、森野榮一、「二宮尊徳における内発的発展の論理」、 全定根(GRSK) 訳
第53号、2002年9月19日発行

  • 良き個人主義としての地域通貨 乾 淑子
  • スタンプ会と地域通貨 森野 榮一
第52号、02年9月18日刊

  • Rui, IZUMI, Current Trends in Japanese Community Currencies Viewed in a
    Map.Translated by Lumiko Matsufuji,September 14, 2002
第51号 02年9月17日刊

  • 携帯電話を利用した勧商場システムの流れ~あおばの会の「市場」を事例に~佐藤浩一・泉留維
第50号 02年9月16日刊

  • 経済収縮という異様に気づきつつある株式市場
  • 曽我 純<地域通貨TIPS>
  • 地域振興は気持ちのいい地域社会づくりから 森野 栄一
第49号

  • SEL(地域交換システム)とRERS(知識相互交換ネットワーク)のフィールド調査から 川野 英二
  • <貨幣改革論参考資料01>”Where Does All The Money Come From?”, EDMONTON JOURNAL,
    November 7,1938.
  • 「貨幣は一体どこから来るのか」エドモントンジャーナル 1938年11月7日 翻訳:泉留維(いずみ・るい)
  • <新連載>『利子ともインフレとも無縁な貨幣』第二章(1) マルグリット・ケネディ 今井重孝 訳
第48号、2002年9月2日発行

  • 地域通貨は今(7)
  • 北部九州における地域通貨の現状 大杉 卓三
第47号、2002年8月30日発行

  • 地方自治体による消滅貨幣導入を 泉 留維
  • 地域通貨の単位(1):労働量を基準とすることをめぐって 塚田 幸三
第46号、2002年8月20日発行

  • 大不況に直面する米国経済と世界経済のピークアウト 曽我 純
  • 地域通貨は今(6)
  • MAAS交流会夏in前橋 森野 栄一
第45号、2002年8月10日発行

  • 岩手県の信用生協について 泉 留維
  • コリン・ウイリアムス、「能動的な市民精神に報いる’時間’について」
  • 『Town & Country Planning』、2002年6月。翻訳:泉 留維
第44号、2002年7月30日発行

  • 行き詰まった財政資金繰りと減価する公債 青木秀和
第43号、2002年7月20日発行

  • 利払い停止の必要性と更生法の原理(2)青木 秀和
  • 地域通貨と疎外問題 塚田 幸三
第42号、2002年7月10日発行

  • 利払い停止の必要性と更生法の原理(1)青木 秀和
第41号、2002年7月1日発行

  • 環境切符の提案 森野 栄一
  • 環境切符フロー図 河原崎 裕子
  • 反落のリスクが窺われる景気 曽我 純
  • 地域通貨は今(5)
  • ヨコハマリーフ-発券・流通の骨子- 森野 栄一
「人間の経済」6月27日刊行、第40号

  • 消費拡大で過剰資産を解消 曽我 純
  • 国公債利払いの致命的重荷(2) 青木秀和
  • ○○市環境切符の提案 森野栄一
  • 環境切符フロー図 河原崎裕子
「人間の経済」、第39号 02年6月11日発行

  • 国公債利払いの致命的重荷(1) 青木秀和
  • 自由貨幣のさまざまなカタチ 泉 留維
  • 利子と環境–A.A.クールノーの予言– 森野栄一
第38号 2002-06-01

  • 地域通貨は今(4)
  • ~クラブママーズ、「クラ」、生協の枠を超えてひろがる~山口 久子
  • 地域通貨と思想  塚田幸三
  • <連載>哲学 への いざない (10)
  • 其ノ十:計るものと、計られるもの 岩田 憲明
第37号、02年5月12日

  • 美術と公共(4)白川 昌生
  • 地域通貨は今(3)~ドングリは宝もの~泉留維
  • <連載> 哲学 への いざない(9)
  • — 其ノ九:サブジェとオブジェ – 岩田 憲明
36号 02年3月31日

  • 景気動向からみた日米の株式相場    曽我 純
  • 地域通貨は今(2)~愛媛のタイムダラー~ 泉留維
  • 韃靼旅行記(8):VWの工場と旅の終わり 泉 留維
35号 02年3月16日

  • 阪神大震災で崩れさったもの 河宮信郎/青木秀和
  • 韃靼旅行記(7):豊満ダム 泉 留維
34号 02年3月12日

  • 日本経済は6年半前の水準へ  曽我 純
  • (要約メモ)
  • 1985~2000年の米国小規模銀行の経済パフォーマンスについてBassett, W. and Brady, T. “The Economic
    Performance of Small Bank, 1985-2000”, Federal Reserve Bulletin, November
    2001.泉 留維(いずみ・るい)
第33号 02年3月10日

  • 政府のデフレ対策、当局の貧弱な発想が露呈 曽我 純
  • もっと「すごいこと」が起こる 青木秀和
  • 地域通貨は今(1)~炭が基本のちゃこマネー~ 泉留維
  • 自立- 自由経済の意味について 森野 栄一
第32号

  • 「人間の経済」第32号
  • 流動性の罠を回避・脱出する方法(5)
  • ウィレム・H・ブイター&ニコラオス・パニギルツォグロウNBER Working Paper, No. 7245, July 1999 朴 勝俊 訳
31号、02年3月6日刊

  • 流動性の罠を回避・脱出する方法(4)
  • ウィレム・H・ブイター&ニコラオス・パニギルツォグロウ
  • NBER Working Paper, No. 7245, July 1999 朴 勝俊 訳
30号

  • 数字で見る日本円の世界~銀行が通貨を作っているということ~ 泉 留維
  • <連載>哲学 への いざない(8)岩田 憲明
  • <やさしい経済>経済成長      曽我 純
29号、02年2月26日発行

  • 破綻への坂道をまっしぐら -2002年度愛知県予算案から- 青木秀和
  • 町田大福帳、花の券― 交換リングにおける紙券活用の一事例 ― 森野 栄一
  • 町田大福帳、「花の券」発行手法に関する提案森野 栄一
  • 資料 町田大福帳(東京都町田市)
28号、02年2月18日刊行

  • 異常な動きを示すマネー指標 曽我 純
    (サンプル)「マネタリーベース(MB)は昨年9月以降、前年比2桁の伸びとなっていたが、1月は23.4%増加し、2000年問題で資金供給を増やした2000年1月(+22.8%)を上回った。日本銀行券も10.0%増加したが、金融機関の日銀当座預金が14.9兆円、200.3%と異常に積み上がっていることがMB急増の主因。これだけ日銀券を発行し、日銀当座預金に現金を積み上げても、生産活動や個人消費は冷え込み、経済活動は疲弊していくばかりだ。金融機関の現金残高が増大しても、実体経済がマイナス成長下にあり、デフレが深刻化している経済環境の下で、金融機関が貸出拡大に踏み出すことはあり得ない。昨年9月末の全国銀行の不良債権は36.8兆円(金融再生法開示債権)、3月末比3.2兆円増加した。不良債権が増加している状態では、金融機関は貸出よりも不良債権の回収に力を入れるはずだ。
     昨年4月、銀行貸出は前年比-3.4%まで縮小したが、その後、マイナス幅は拡大しており、今年1月には-4.6%となった。MBの伸びは20%を超えているが、貸出はますます縮小するといった動きがはっきり読み取れる。MBの供給では貸出を拡大できないことが、過去のデータから明らかであるにもかかわらず、同じことを繰り返している。過去の失敗を顧みることなく、90年代は無為無策に終わってしまったが、2000年以降も同じ誤りを積み重ねることになるのだろうか。金融機関への資金注入では、単に金融機関のバランスシートの改善になるだけで、非金融機関に資金が流れでることはない。不良債権が大幅に減少すれば、貸出が増加することも考えられるが、150兆円もの不良債権を抱えている状態では、10~20兆円の資金注入では焼け石に水だ。」

    (曽我 純、「異常な動きを示すマネー指標」、「人間の経済」第28号、02年2月18日刊、pp2-3.)
  • 流動性の罠を回避・脱出する方法(3) ウィレム・H・ブイター&ニコラオス・パニギルツォグロウ
    NBER Working Paper, No. 7245, July 1999 朴 勝俊 訳
  • 韃靼旅行記(6):依蘭にて 泉 留維
第27号

  • 環境税と環境配当 ヘルムート・クロイツ 高雄 綾子 訳
  • 流動性の罠を回避・脱出する方法(2)ウィレム・H・ブイター&ニコラオス・パニギルツォグロウ / NBER Working Paper, No.
    7245, July 1999 新井勝俊 訳
  • 韃靼旅行記(5) 泉 留維
  • <連載> 哲学へのいざない(7) 岩田 憲明
第26号

  • 流動性の罠を回避・脱出する方法(1) /ウィレム・H・ブイター&ニコラオス・パニギルツォグロウ / NBER Working Paper, No.
    7245, July 1999 新井勝俊 訳
  • 商業振興と地域通貨 森野栄一
  • 韃靼旅行記(4) 泉 留維
第25号 02年2月12日刊行。

  • yufu玉、出現す?ワットシステム進化の一事例 森野 栄一
  • 機械生産と株価指数、記録的低水準に落ち込む 曽我 純
  • 韃靼旅行記(3):東北地方の料理 泉 留維
第24号

  • 95年を境に円安ドル高トレンドに転換 曽我 純
  • 韃靼旅行記(2) 泉 留維
  • 美術と公共(3) 白川 昌生
第23号

  • 負債で押し潰されそうなダイエーと盲目の銀行家たちの馴れ合い 曽我 純
  • 韃靼旅行記(1):出発  泉 留維
第22号「人間の経済」(B5版12頁)

  • 国民を煙に巻く日銀の量的緩和 曽我 純
  • 地方財政論 崩壊に向かう地方財政(4) 青木 秀和
  • 貨幣改革論の基本視角(5) 森野 栄一
第21号(2002年1月18日発行)

  • 地方財政論 崩壊に向かう地方財政(3) 青木 秀和
  • 美術と公共(2)  白川 昌生
20号(02年1月16日発行、B5版、全12頁)

  • 中小企業の業績不振と消費不況 曽我 純
  • 貨幣改革論の基本視角(4) 森野 栄一
「人間の経済」第19号(02年1月14日刊)

  • 白川 昌生 「美術と公共(1)」
  • 青木 秀和 「地方財政論 崩壊に向かう地方財政(2)」
  • 森野 栄一 「貨幣改革論の基本視角(4)」
「人間の経済」、第18号(02年1月10日発行)

  • コリン・ウイリアムス 「オーストラリアのレッツ:コミュニティ開発の新しい道具になりうるか」Colin C. Williams
  • Local Exchange And Trading Systems (LETS) In Australia: A New Tool Community
    / Development? (1997年)
  • International Journal of Community Currency Research Volume 1 http://www.geog.le.ac.uk/ijccr/日本語要約:泉 留維
「人間の経済」第17号(2002年1月9日発行)

  • 地方財政論 崩壊に向かう地方財政(1) 青木 秀和
  • 貨幣改革論の基本視角(3)-ダグラス少佐の国民配当について-   森野 栄一
「人間の経済」の第16号(2002年1月8日発行)

  • <資料>コリン・ウィリアムス「地域交易システム(レッツ):貧困者と失業者のための労働とクレジットの新しい源」(1996) 日本語抄訳 泉 留維
  • <連載>哲学へのいざない(6) 岩田 憲明
第15号(2002年1月5日発行)

  • <資料>エバン・グラン 「ノルウェーのLETSにおけるグリーンズの独占について」Even Gran, Green Domination In Norwegian
    Letsystems: Catalyst For Growth OrConstraint On Development? (1998年)
  • International Journal of Community Currency Research Volume 2http://www.geog.le.ac.uk/ijccr/日本語翻訳(要約):泉 留維
第14号(2002年1月4日発行)

  • 貨幣改革論の基本視角(2) 森野 栄一
  • <連載>哲学へのいざない(5) 岩田 憲明
第13号

  • 通貨が生まれ変わるとき 泉 留維
  • 貨幣改革論の基本視角(1) 森野 栄一
  • <連載>哲学へのいざない(4) 岩田 憲明
12号

  • 政府債務巨大累積の過程(5) 青木 秀和
  • MAAS券のリターンとはなにか 森野 栄一
  • 2002年1月、MAAS券発行 MAAS
11号

  • 金融恐慌状態に陥った日本経済 曽我 純
  • 政府債務巨大累積の過程(4) 青木 秀和
  • 自然学校NOSAPの「ありがとうシステム」 森野 栄一