国際表示通貨 GRC (Global Reference Currency)

際貿易向けに設計された通貨として提起されている。これを表示し担保するものとして12種の財の固定バスケットを使用する。担保された財の保蔵コストは持参人に属するものとして流通し、それゆえ、滞り料が組み込まれた貨幣として機能する。その特質は先物が割り引かれる傾向を逆転させ、金融業者の利害を長期の持続維持可能性のほうへと向けなおす。