Recently in イベント Category

次回のゲゼル研究会・講演会について、会場が変更となりましたので、ご連絡させていただきます。

変更点:

現:専修大学神田キャンパス・2号館2階 208教室
新:専修大学神田キャンパス・1号館4階 ゼミ44教室

講演会次第は下記です。

「支え合いの仕組みから考える持続可能なコミュニティ」

ながらくコミュニティの紐帯を新たに作り出すためにタイムバンク導入を推進さ
れてきたヘロン久保田さんをお招きして、持続可能なコミュニティ構築のための
仕組みについて考えていきたいと思います。


  ■日 時  6月12日(土)14:00〜17:30(開場13:45)
  ■会 場  専修大学神田キャンパス・1号館4階 ゼミ44教室
         千代田区神田神保町3-8
         地下鉄九段下駅 出口5より徒歩3分、
         神保町駅出口A2より徒歩3分、
         JR水道橋駅西口より徒歩7分
    地図 http://www.senshu-u.ac.jp/koho/campus/index06a.html
    構内 http://www.senshu-u.ac.jp/koho/campus/index06b.html

  ■講 演   ヘロン久保田雅子さん「お金で買えない貴重な時間:時代を変
        えるためのタイムバンク」(60分)
        村山和彦さん「都市計画のツールとしての"ピーナッ
        ツ"」(40分)
        森野 榮一さん「持続可能なコミュニティとは?」(40分)

  ■参加費  資料代として700円
  ■主  催  ゲゼル研究会( http://www.grsj.org/ )
  ■問合せ  泉留維まで
        メール rui.izumi at gmail.com (atを@に変更してメール
をお送りください)
  ※どなたでもご参加いただけます。
  小規模な部屋で開催を予定していますので、参加される方はメールでご一
報いただけると助かります。なお、講演会終了後の懇親会に参加される方は、で
きるかぎり事前にメールでご連絡ください。



【講師プロフィール】

ヘロン久保田雅子

米国タイムバンク・エリア代表、フロリダ・インターナショナル・大学(FIU)、
講師。著書は、『この世の中に役に立たない人はいない』(創風社 2002)、
『お金で買えない貴重な時間』(Time Banks USA  2010)など多数。1990年代初
めより、コミュニティにおける新たな相互扶助構築のためにタイムバンク導入を
推進している。


村山和彦

(株)みんなのまち代表取締役社長、都市計画・まちづくりコンサルタント。著書
は、『地域通貨の可能性−「ピーナッツ実践報告」』(千葉まちづくりサポート
センター、2001)など多数。地域通貨ピーナッツの生みの親であり、コミュニ
ティービジネスとしての地域通貨導入を推進している。


森野 榮一

経済評論家、ゲゼル研究会代表。WAT清算システム会員。著書、論文は『消
費税完璧マニュアル』『商店・小売店のための消費税対策』(ぱる出版)、『エ
ンデの遺言』、『エンデの警鐘』(共著、NHK出版)、『なるほど地域通貨ナビ』
(編著、北斗出版) など多数。1999年、NHK BS1特集「エンデの遺
言」の番組制作に参加・監修。その後、町づくりのアドバイスや地域通貨の普及
活動に努めている。

下記の要領で、東京にてゲゼル研究会主催の講演会を開催します。
お時間が許しましたら、是非、ご参加下さい。


以下、転載、転送、大歓迎です。


「支え合いの仕組みから考える持続可能なコミュニティ」

ながらくコミュニティの紐帯を新たに作り出すためにタイムバンク導入を推進さ
れてきたヘロン久保田さんをお招きして、持続可能なコミュニティ構築のための
仕組みについて考えていきたいと思います。


■日 時  6月12日(土)14:00~17:30(開場13:45)
■会 場  専修大学神田キャンパス・2号館2階 208教室
千代田区神田神保町3-8
地下鉄九段下駅 出口5より徒歩3分、
神保町駅出口A2より徒歩3分、
JR水道橋駅西口より徒歩7分
地図 http://www.senshu-u.ac.jp/koho/campus/index06a.html
構内 http://www.senshu-u.ac.jp/koho/campus/index06b.html

■講 演   ヘロン久保田雅子さん「お金で買えない貴重な時間:時代を変
えるためのタイムバンク」(60分)
森野 榮一さん「持続可能なコミュニティとは?」(60分)

■参加費  資料代として700円
■主  催  ゲゼル研究会( http://www.grsj.org/ 
■問合せ  泉留維まで
メール info@grsj.org 

※どなたでもご参加いただけます。
小規模な部屋で開催を予定していますので、参加される方はメールでご一
報いただけると助かります。なお、講演会終了後の懇親会に参加される方は、で
きるかぎり事前にメールでご連絡ください。



【講師プロフィール】

ヘロン久保田雅子

米国タイムバンク・エリア代表、フロリダ・インターナショナル・大学(FIU)、
講師。著書は、『この世の中に役に立たない人はいない』(創風社 2002)、
『お金で買えない貴重な時間』(Time Banks USA  2010)など多数。1990年代初
めより、コミュニティにおける新たな相互扶助構築のためにタイムバンク導入を
推進している。


森野 榮一

経済評論家、ゲゼル研究会代表。WAT清算システム会員。著書、論文は『消
費税完璧マニュアル』『商店・小売店のための消費税対策』(ぱる出版)、『エ
ンデの遺言』、『エンデの警鐘』(共著、NHK出版)、『なるほど地域通貨ナビ』
(編著、北斗出版) など多数。1999年、NHK BS1特集「エンデの遺
言」の番組制作に参加・監修。その後、町づくりのアドバイスや地域通貨の普及
活動に努めている。

有機ネット神奈川さん勉強会

有機ネット神奈川さんから勉強会にお誘いいただきましたので、下記にご案内いたします。

・・・

有機ネット神奈川 10月の勉強会

 二宮尊徳というと学校にある銅像を思い浮かべる人が多いでしょう。道徳教育のシンボル、特に「勤勉」「節約」「孝行」の実践者というイメージを抱いている人がほとんどたと思います。しかし、農村改革運動の指導者として二宮尊徳を知る人は少ないです。今回二宮尊徳をテーマに選んだのは、日本のこれからの農業を考えていく上で、非常に重要な示唆を私たちに与えてくれるキーマンだと考えるからです。二宮尊徳の活動はその後「報徳社」に引き継がれて発展をしていきました。そこには今日の農業問題と共通する問題に立ち向かいながら様々な創意工夫で解決していった貴重な実践が残されています。残念ながら今日、この二宮尊徳と報徳社は忘れられています。この忘れられた偉業に再び光を当て、私たちの有機農業運動やエコロジー運動に尊徳や報徳社の意匠を活かして行きたいと考えます。そこで、地域通貨の研究や実践に於いて有名ですが、近世から近代にかけての日本経済を研究されている森野榮一先生を講師にお招きします。尊徳と報徳社の他、近世~近代において、日本での農民による優れた運動も紹介していただけるとのことです。(片柳)


【日 時】 10月21日(水) 夜7:00~9:00

【場 所】 なないろ畑中央林間出荷場 http://members2.jcom.home.ne.jp/nanairobatake/page013.html

【定 員】 20名(有機農業ネットワーク神奈川の会員優先)

【主 催】 有機農業ネットワーク神奈川 http://kanagawa-yuki.net/

【問い合わせ・申込み】 http://kanagawa-yuki.net/postmail/postmail.html

【参加費】 会員300円 非会員500円

【当日 開場】6:30

【当日 問い合わせや連絡等】 6:30~ TEL 046-283-0339 なないろ畑出荷場

【テーマ】 報徳仕法の今日的意義ーー大日本報徳社の歴史から学ぶ

【報 告】 森野榮一 氏
                          
【口 上】 とかく新規な議論ほど好まれる。薬は遠方の産ほどその効能が信じられる。つまり外国の、一見目新しいものが尊重される。農業、環境にして然り。しかし、それらが、たとえば循環型社会といい多品種混植といい、多く東アジアに淵源することには思い及ばない。p2p金融もマイクロクレジットもよろしかろう。しかし、農村金融のあり方として二宮尊德の無利息金貸付スキームにはとどいていないようにみえる。振り返るべきは私たちの昨日にあるのかもしれない。日本近世の農政家に共通しているのは民富の増進である。その思考は明治期の過酷な農村経済事情のなかでも実践家たちによって活かされてきた。そうした歴史的遺産が気づかれていないのは残念なことである。今回、二宮尊德の報徳仕法の実践例として平塚の大沢家仕法を振り返ることから始めて、明治期、大日本報徳社による信用組合設立など農業と農業金融の実践経緯を学んでみたい。(森野氏)


--------------------------------------------------------------------------------


★★懇親会 勉強会の後 中央林間のレストラン(サミット2階のココス)にて、11時くらいまで

下記要領にて「NPO法人農に学ぶ環境教育ネットワーク」さんでお話させていただきますので、ご案内いたします。

論題:「日本近世農学における循環的思考モデルの意義ーー尊德天禄増減鏡を例に」

日時:9月29日(火)5時〜9時

場所:あざみ野アートフォーラム

http://www.artforum-azamino.jp/


田園都市線近郊の方でご関心のある方はどうぞ。参加費・資料代ともに無料とのこと。
下記講演会に参加させていただきますので、ご案内させていただきます。

・・・・

講演会「不思議の国のNEO - 未来を変えたお金の話」開催のお知らせ

先ごろ『不思議の国のNEO - 未来を変えたお金の話』を出版された斉藤賢爾さ
ん、シルビオ・ゲゼルの貨幣理論を追求するゲゼル研究会代表の森野榮一さん
をお招きしての講演会のご案内です。

「宇宙船地球号」という概念を普及させることに貢献した思想家、バックミン
スター・フラーは、「既存の現実と闘うことではけっして物事を変えられない。
何かを変えるためには既存のモデルを時代遅れにする新しいモデルを打ち立て
よ」と言っています。

今から10年ほど前、森野榮一さんは、同じような精神に鼓吹されて、
自律分散的な通貨システムである、WAT システムを始めたといいます。
環境的にも経済的にも行き詰まりをみせている既存の現実のなかに、
信頼のネットワークをつくる決済手法が新しいモデルとして打ち立てられたのです。

今年、斉藤賢爾さんは、WAT システムや、その電子化されたかたちである i-WAT が
全面的に使われる未来の話を SF 作品として書きました。
それは環境的にも経済的にも正気に戻った未来の姿を垣間見せてくれます。
また、未来のこどもたちが私たちの今に持ち来すメッセージでもあります。

混迷する時代のなか、しばし未来が望む新しいモデルや世界の話、
そして、私たちがつくる情報社会がどのような変貌を遂げていくのかについて、
「あっちゃんこ」たちと共有できればと思っています。

■ 日 時  7月4日(土)13:30~17:00 (開場13:15)

■ 会 場  大阪大学コンベンションセンター (吹田キャンパス内) 1F 研修室

■ 交通アクセス http://www.osaka-u.ac.jp/ja/access/

 電車:
   阪急電車千里線
   北千里駅 (終点) 下車 東へ徒歩

 モノレール:
   大阪モノレール
   阪大病院前駅下車 徒歩約5~15分

 バス:
   阪急バス
   * 千里中央発「阪大本部前行」「茨木美穂ヶ丘行」
   * 北千里発「阪大病院線」
   * 千里中央発、北千里経由もあります。

   近鉄バス
   * 阪急茨木市駅発「阪大本部前行」(JR茨木駅経由)

■ キャンパス http://www.fbs.osaka-u.ac.jp/jp/maps/suita-conventionc.html
                    
■ 講 演
(1) 斉藤賢爾さん「不思議の国のNEO - 未来を変えたお金の話」
(2) 森野榮一さん「マイクロブログーEsの解放と個の起源」

■ i-WAT デモンストレーション

■ 参加費 資料代A、300円 資料代B、1800円
  (A,Bいずれかをお選びいただけます。なお資料代Bには下記の著作が含まれます)

 斉藤賢爾=著
 挿絵=山村浩二
 『不思議の国のNEO - 未来を変えたお金の話』

 四六判並製・256ページ
 ISBN978-4-8118-0730-0

 価格:本体1700円+税
 発行元:太郎次郎社エディタス
 http://www.tarojiro.co.jp/book/0730.html

■ 問い合わせ 
大阪大学情報科学研究科 寺西 裕一 <teranisi@ist.osaka-u.ac.jp>

 * どなたでもご参加いただけますが、
  参加される方はメールでご一報いただけると助かります。

会場がより広い502教室に変更になりました。

下記では501となっていますが、502です。


http://entropy.ac/modules/newbb/viewtopic.php?post_id=97&topic_id=88&forum=1#forumpost97

エントロピー学会さんよりお話させていただく機会をいただきましたので、ご案内いたします。

【ご案内】エントロピー学会東京セミナー開催について

■日時 6月7日(日)東京セミナー:午後1時~3時

■会場 国学院大学(渋谷キャンパス)大学院演習室501

■交通アクセス

http://www.kokugakuin.ac.jp/guide/access.html

■キャンパス

http://www.kokugakuin.ac.jp/content/000007812.pdf

■講演

森野榮一さん(経済評論家、ゲゼル研究会代表)

■演題

「信用における無限ループの崩壊と経済の定常性」

■参加費 500円
(学生さんは無料)

■主催 エントロピー学会東京セミナー

■問合せ  森野榮一まで  メール eiichi.morino@gmail.com

※どなたでもご参加いただけます。

【ご案内】ゲゼル研究会・東京講演会開催について

斉藤賢爾=著、挿絵=山村浩二、『不思議の国のNEO──未来を変えたお金の話』の出版記念もかねた、東京でのゲゼル研究会講演会のご案内です。

バックミンスター・フラーは「既存の現実と闘うことではけっして物事を変えられない。何かを変えるためには既存のモデルを時代遅れにする新しいモデルを打ち立てよ」と言っています。

思い返せば、いまから10年ほど前、同じような精神に鼓吹されて、WATシステムが始まったのでした。信頼のネットワークをつくる決済手法が、環境的にも経済的にも行き詰まりをみせている既存の現実のなかにオルタナティブとして置かれていったのです。

いま斉藤賢爾さんが、WATシステムやiWATが全面的に使われる未来のお話を書いてくださいました。それは環境的にも経済的にも正気に戻った未来を遠望させてくれます。また、未来のこどもたちが私たちの今に持ち来すメッセージでもあります。

混迷する時代のなか、しばし未来が望む新しいモデルや世界の話を「あっちゃんこ」たちと共有できればと思っています。

■日 時  5月31日(日)13:00~16:30(開場12:45)

■会 場  慶應義塾大学 三田キャンパス・西校舎 512教室

■交通アクセス

http://www.keio.ac.jp/ja/access/mita.html

    ・JR山手線
    ・JR京浜東北線
       田町駅下車、徒歩8分

    ・都営地下鉄浅草線
    ・都営地下鉄三田線
       三田駅下車、徒歩7分

    ・都営地下鉄大江戸線
       赤羽橋駅下車、徒歩8分

     ※東京~田町:約10分
     ※渋谷~田町:約15分
        
■キャンパス http://www.keio.ac.jp/ja/access/mita.html
                    
■講 演

斉藤賢爾さん、「『不思議の国のNEO──未来を変えたお金の話』」

森野榮一さん、「マネーが変わる!ーーWATとマルチ・エージェント・コミニュケーションの新たな可能性」 
 
■ iWATデモ      

■参加費  資料代A、300円 資料代B、1800円
 (A,B、いずれかをお選びいただけます。なお、資料代Bには下記の著作が含まれます)

斉藤賢爾=著
挿絵=山村浩二
『不思議の国のNEO──未来を変えたお金の話』
四六判並製・256ページ
ISBN978-4-8118-0730-0
価格:本体1700円+税
発行元:太郎次郎社エディタス     
http://www.tarojiro.co.jp/book/0730.html

■主  催  ゲゼル研究会( http://www.grsj.org/

■問合せ  泉留維まで  メール rui.izumi@gmail.com
    ※どなたでもご参加いただけます。参加される方はメールでご一報
    いただけると助かります。

4月18日に名古屋にて行われるゲゼル研究会主催の講演会の会場が変更となりま
した。

■日 時  4月18日(土)14:00~17:30(開場13:45)
■会 場  中京大学 八事キャンパス・4号館 443教室(変更前)
         ↓
      中京大学 八事キャンパス・センタービル6階 0605教室(変
更後)

            地下鉄鶴舞線・名城線八事駅5番出口徒歩0分
       キャンパス http://www.chukyo-u.ac.jp/koho/gaiyo/map/n-map3.html
      アクセス  http://www.chukyo-u.ac.jp/koho/gaiyo/map/kotu-n.html

ご参加いただける方は、お間違えのないようにお願いします。

白川昌生展

25点のドローイングと敗北の記念碑
2009年4月4日〜12日。4月4日、15:00〜、レクチャー「金融危機と美術」:
http://www.h7.dion.ne.jp/~a1morino/shirakawa0904.pdf

このアーカイブについて