GRSJ HOME < ライブラリー
.フレデリック・ソディ、「デカルト派経済学」より

:: Morino,Eiichi

(フレデリック・ソディ、「デカルト派経済学」より)かくて物理学は、こうした政治経済学の問題あるいはマルクス主義著述家の「我々の社会の富、すなわち社会を構成する個々人の生計と快適さの手段の源泉とはなにか」という問いかけに、私はこれが初めてだと思いますが、厳密に答えましょう。
生計の手段は、農作業による太陽エネルギーの毎日の収入から得られます。
生活の付随品である衣料や家屋、燃料、快適品や贅沢品はその大部分が過去の地質時代から保存されてきたエネルギーの資本蓄積による収入の増加によって得られています。
生命は、一瞬一瞬、連続するエネルギーの流れに依存しているので、生存を可能にする必需品としての富はストックとしてよりもむしろフローの性質を帯びているのです。
 こうした回答は社会科学や政治哲学にとって最も重要なものですが、現行の経済体制にはほとんど応用されていません。
というのも、こうした体制は富と負債とを、いい代えれば、社会の富とその個々のメンバーの富とをまったく混同することで築かれているからです。
 社会の富はその収入であり、すなわち前述の分析によれば、生存目的に利用可能なエネルギー収入とされます。
これに基づけば、現存の知識で利用されうる形状で、社会の生命にとって必要なすべてが維持可能です。
このフローを相当程度に溜めたり蓄積したりすることは不可能なのです。
正確には、多額の費用をかければ川をせき止めダムを造ることはできます。
しかし、たとえ使われなくても溜められた水は蒸発して少しずつ消えてしまいます。
同じように、条件はいっそう不利になりますが、電気エネルギーを蓄えることもできます。
しかし、富を国家規模で一日分でも蓄えようとするのは、世間が一日に必要とする電力を賄う電池を考えるようなものです。
実際には自然は太陽エネルギーを石炭として地質年代を不可欠とするプロセスで蓄えてきましたが、我々がしているのは、より楽なその取り崩しであり、またそれが我々にとってほとんど役立たなくなる前にフローに変換することです。
繰り返しますと、短期的には、このフローはいくつかの実際の商品に姿を変えるかもしれませんが、食品の場合は腐り、家屋は絶えず修復しないと朽ち果て、鉄道、道路、公共建造物、工場、岸壁、船舶など、我々の文明の有形資産はすべて同様なのです。
すべてのものが一様に複合減少のプロセスに準じていて、それらの維持には絶え間なく増大する新たな富の年間経費を必要とし、それもまた科学の進歩により急速に時代遅れになっていきます。
こうした蓄積資産は蓄財としてではなく、よくて利用可能なエネルギー収入からの富の維持や増加における補助、ないし付属品として分類されるわけです。
富は収入であり、そ_れ_は_蓄_え_ら_れ_な_い_のです。

.......他方、個人の富はまったく異なるなにものかです。
現代社会のごくありふれた大多数の個々人は、一週間を生き抜くだけの富をもっていません。
宝貝であったり、硬貨であったり、そして今や、単なる紙幣がますます一般的になってきていますが、通貨の形態として合法化されたトークン(訳注:いっぱんに価値を表象する紙幣を指す)によって、社会はその持ち主に負債を負っていることを認め、また市場を通して流通する実質資産の収入を個人がいつでも利用できるようにしています。
この段階においてすら、我々は、社会の利益と個々の構成員の利益とがまったく正反対のものであることが理解できます。
ある人間が保有するものは他の人間の保有しえないものであるということが、あらゆる経済の原則にして根幹であると、ラスキンは述べています。
私的個人がその収入を得るほどに、公共サービスや、個人のためでなく一般の利益のために収入の増加を計る事業計画の運営に残されているものは少なくなります。
科学的な人間の関心は収入についてであり、またこれをいかに一般の福祉にもっとも必要な方向で増加させるかにあります。
このことはまた、もし政治経済学が科学であると主張できるのであれば、そのことが政治経済学の第一の関心事でなければならないということでもあります。
これに反して、個人にとっては、この収入のうちから自分自身の私的な利用のためにより多くの分け前を得ることだけが関心事です。
個人が高利目的でなく利用目的で富の実質的収入を増大させたり、それを助けるような場合にのみ、社会は利益を得ます。
労働者の既存の体制に対するきわめて現実的な不満は、この体制が、一般的な富にまったく貢献せずに、簡単に儲かる金儲けの手段を提供していて、そして時には特権を付与された貨幣保有者が高利目的のために社会の収入を強奪することで富を実際に破壊していることにあるのです。

GRSJ HOME < ライブラリー

2002 Gesell Research Society Japan: All Rights Reserved