GRSJ HOME < ライブラリー
「オズの土地 (Land of Oz)

::L. Frank Baum

L. Frank Baum, The Wonderful Wizard of Oz (1900).

「オズの土地 (Land of Oz) には貧しい人々がいなかった、
なぜならカネのようなものはなにもなかったし、あらゆる
土地は支配者[妖精の女王 オズマ]に属していたから。
人々は彼女の子供で彼女は人々の世話を焼いたのだ。

各人はじぶんが使いたいものをなんであれ隣人から無
償で与えられた、そしてそれは誰であれじぶん相応に望む
ものとちょうど同じくらいのものであった。 何人かの人間
が土地を耕し、すばらしい農産物の収穫は等しく住民全
員に分配され、だれもが満ち足りていた。 誰もが身につけ
たいと願うものを作る仕立屋や洋裁師、靴屋もたくさんい
た。また、人々を喜ばせ、美しく飾る装飾品を作る宝石商
もいた。これらの装飾品もこれらを求める人たちに無料で
提供された。 男性も女性も、彼あるいは彼女が共同体の
財として何を作り出したかにかかわらず、食物や衣類、家
屋、家具、装飾品、娯楽品を隣人から供給された。 偶然に
供給が足りなくなったなら、支配者の巨大な倉庫からより
多くが取り出され、人々が必要とするより多い品物があった
時に、再び倉庫に戻された。

だれもが自分の時間の半分を働きもう半分は遊びに費やし
た。そして彼らは遊ぶように仕事を楽しんだ。なにかするこ
とがあり、仕事に従事するのはよいことだからだ。 彼らを非
難したり、欠点を見い出そうとしたり、監視したりする残酷な
管理人はいなかった。

それで誰もが友人や隣人のためになんでもすることに誇りを
もち、ある者が生みだした製品を他の人間は喜んで受け入
れた。」

GRSJ HOME < ライブラリー

2002 Gesell Research Society Japan: All Rights Reserved