GRSJ HOME < ライブラリー
国際的なお金の流れが何度も問題を起こしてきたことは知ってるだろ

::

国際的なお金の流れが何度も問題を起こし
てきたことは知ってるだろ。欧州の通貨危機、
そして中南米の、97年のアジアの、と。同
じことが何度も起こってるんだ。ある出来事
と同じことが別の場所でも再現される、そー
した再現可能性っていうんだけど、それは科
学の知見の満たしている条件だね、なんか、
社会経済に起こっていることも再現可能性が
あるみたいだ。

 まーそーしたことはどうでもいいんだけど、
早い話が、資本市場の自由化という政策が各
国で採用されるとなにが起こるか、何度も繰
り返し実験をみせてもらった格好になってる
わけで、理科の実験のようにその仕掛けがわ
かるようになってきたことはだけは確かかも
しれないよ。

 きみ、せっかく理科室にきたんだから実験
してみようか。まず仮説を立てなきゃね。こ
んな具合に。

 お金の市場(資本市場)がどこの国でも自
由化された、お金(資本)はより高いリター
ン(収益、儲け)が得られる経済を探して流
れていく。その経済がうまくいかなくなるリ
スク(危険)を抱えていても、もっと儲けた
いということで動いていくもんだと。

 お金はその国のお金(通貨)に変えられた
り、その国の銀行に預金される(預金通貨)
ことになるね。そーするとその国のお金の量
(プロの先生方はマネーサプライっていう)
が増える、つまりお金が膨張するんだ。実は
その理由は国際的なお金のやりとりを銀行が
仲介して貸し借りを繰り返すことが主な理由
なんだけど(銀行間再預金とかいうけど、もっ
とプロっぽく、国際的資本フローの乗数効果
なんていうとかっこういいかもね)、そうな
るとその国でなにがおきるか、だ。

 お金の量が増えるんだから、お金の出し手
が増えるわけで、貸し出し競争がお金を借り
るときの費用、つまり利子だけど、それを下
げるわけ。つまりお金をもってても利子とい
う収益があんまり期待できなくなるから、お
金持ちはお金以外の資産に変えようとするね。
そこで、そうした資産の価格が上がる。それ
はその国の経済の評判をよくするんだ。そう
するとその国のお金の値打ちは別の国のお金
の値打ちより高くなる(通貨が強くなる)。
そうすると強い通貨を持つ国は同じ量の商品
を外国から買う場合もより安く買えるってわ
け(得だねー)。

 お金が外国から入ってくるとこういういい
ことが起きるんだー。でもこれその国のひと
が自分たちで手に入れた好調な経済じゃあな
いよ。外国から入ってきたお金を持ってるひ
と(投機筋とかいろいろいう)はかなり強欲
なんだ、その国を豊かにしてやろうっていう
んで投資をしてくれているわけじゃあない。
いつでももっと儲かるところがあれば、すぐ
そっちへお金を移しちゃうんだ。もっといい
ところがみつかるまではその国に置いておく
けど、事情がいつまでも変わらないなんてこ
とはないよね。

 その国の経済がおかしくなりそうだとか、
もっともーかりそうなとこがみっかったとか、
なんかのきっかけがあると、外国からのお金
はその国からサッサと逃げていく。
 そーなるとその国のお金の量が減るね、減
るとどうなるかというと利子率が上がるんだ、
理由はさっきと逆が起こるわけで、わかるで
しょ。

 利子があがるとお金を借りて事業をしてる
ひとは利息の負担分が増えるわけで、事業が
うまくいかなくなる場合も出てくる。そうす
ると、新しく人を雇うなんてできなくなるし、
そこに雇われてたひとは失業することになる
かも・・つまりプロふうにいうと、雇用が減
少する。

 経済がうまくいかなくなると、その国のお
金の値打ちは外国のお金の値打ちと比べて安
くなるね。ここでもさっきと逆のことが起き
るわけ。だから輸入では、同じものを買うに
もよけに支払わなくちゃならなくなるから、
貿易赤字が増えることにもなる。

 その国の政府は自分の国のお金の、外国の
お金と比べた値打ちを引き上げるために、為
替市場(各国の国のお金をとっかえる、つま
り売ったり買ったりする)で、自分の国のお
金を買って値打ちを維持しようとする。その
ためには資金が必要だ。でも経済がうまくい
かなくなった国の政府にはそんなにお金があ
るわけじゃない。それで、世界の、米国をは
じめとするお金持ちの国々が作る機関(IMF)
にお金を貸してくれるように頼まなきゃなら
なくなる。

 IMFはホイホイと無条件で貸してくれるわけ
じゃあない。その国の経済の運営の仕方にあれ
これ注文を付けるわけよ。構造調整プログラム
とかいうんだけど、ひどいんだよ、高金利政策
を強要するんだ、年利(つまり1年間で)50
%を超えるなんてケースもあるんだよ(日本と
いう国のサラ金も真っ青だー)、こんなに金利
が高くちゃお金を借りて事業をやろうなんて意
欲はでないよね、ますます経済を悪くするだけ。
 それにIMFはその国が社会保障や保健衛生や
いろいろな社会的な要請に応えて支出していた
(社会の安全ネットへの支出)を減らすように
も言うんだ。

 経済が悪くなったうえに、社会の不安も増すっ
ていうわけさ。

 さー こうした仮説、仮説を確かめてみようか。
えっ、もう実験はしたって。タイとか、韓国、ロシ
ア、インドネシア、メキシコ、ブラジルでやったの
かい。仮説は検証されたってわけね。

 この実験をしなかったチリとか中国は資本自由化
の実験を拒否してきたけど、でもそれはそれ。別の
実験をしてきたんだ。それについては別の日に、理
科室で考えてみようか。今日はこれで終わりにしよー。

GRSJ HOME < ライブラリー

2002 Gesell Research Society Japan: All Rights Reserved