GRSJ HOME < ライブラリー
100兆ともいわれる不良資産がバランスシート上から消えない限り

:: Morino,Eiichi

Date: Wed, 22 Sep 1999 16:45:55 +0900

森野です。

今日はひとりごとです。

あいかわらずマーケットは上げたり下げたり
してますが、回復期待とは裏腹にこれから
ヤバイですね。とくに10月に入ると・・
年末、GDP伸び率も意外の低さを記録するか
もしれない・・

いまのところ、信用保証協会を通して20兆の信用枠
を決定してから、まー 中小企業の潰れるのは少し止
まりました。とはいってもいま融資残は14兆、あと6兆
しかないですね。(むらやま-Kさま、これは政府保証
ですから、申請用紙一本書けばすぐ融資がうけられま
すよ。銀行はノーリスクだからすぐ貸すわけです。返せ
なくなったら会社を潰して、またつくればいー(じょうだ
んです、でもそー考えている連中は多いかな・・))

5兆円の補正を組むなんて話もでてますが、まー ざるに水
を注ぐようなもんで、100兆ともいわれる不良資産がバラン
スシート上から消えない限り、ベースマネーをいくらつぎ込んで
も不良資産の消却に使われて、市中には出回らない。米国に
いわれて不胎化政策をとって市中にカネをだぶつかせようにも、
それもダメ。なぜなら、大蔵が円高阻止のためにドル買い円売
り介入をして、出回った円をこれまでは吸収していたわけですが、
つまり大蔵は介入資金を、外国為替証券を日銀に売り代わりに
円貨を調達する、これは二日後には買い戻すことになっていて
調達した円貨は市中から引き上げられていたわけですが、米国
はそれを止めろという。大蔵は金融政策が効かなくなるから反対
は当然ですが、しかし、たとえそうしても資金が市中に出回るとい
うかというと、そんな状況にないのは誰でも知ってますねー。いま
銀行の貸出は前年比6%減の状態です。カネの取り手がいな
くて、銀行は法定準備金を上回るカネを日銀に積み上げている状
態です。市中銀行が日銀に準備金を預けても金利はつかない。そ
れでもそこにおいておくしかない。ベースマネーを増やしても、債権
債務の関係の解消に使われるとその分だけ全体の通貨量は減少
します。信用創造された貨幣がベースマネーに置き換えられること
で収縮するわけです。
さきゆき、やっぱり暗いですよー。とくに回復期待の心理がいったん
裏切られたと感じ始めるときがコワイですねー。

GRSJ HOME < ライブラリー

2002 Gesell Research Society Japan: All Rights Reserved