GRSJ HOME < ライブラリー
悪名高い、「銀行家宣言」の一節。The U.S.A. Bankers' Magazine, on August 26th, 1934

::A. K. Chesterton

悪名高い、「銀行家宣言」の一節。The U.S.A. Bankers' Magazine, on August 26th, 1934

.........................................

 「債券と担保は可能な限りすみやかに抵当権設定者の受け戻し権を喪失せしめるべきである。法的な手続きを通してふつうの人々が自らの家屋を失うとき、彼らはいっそう従順になり、指導的な金融家たちの統制のもと、富の中心的な権力が依頼した政府の強力な力により容易に統治される。こうした真理は、世界統治を目的とした資本の帝国主義の形成プロセスにいる主要な人間たちの間ではよく知られている。政党システムによって有権者を分割することで、われわれはなんの重要性もない諸問題をめぐって彼らを争わせ、そのエネルギーを費消させてしまうことで、これを手にすることができる。そうして、思慮深い行動によって、われわれは十分練り上げられてきたプランを確保しうるのだ。」....................................

A. K. Chesterton, Menace of the money-power, p.2.

GRSJ HOME < ライブラリー

2002 Gesell Research Society Japan: All Rights Reserved