FRBの甘い経済見通しとドル安

曽我 純:

ドバイショックで円は対ドルで急騰、一時、84円台まで上昇した。なぜこれほどまでに投機資金は円に向うのだろうか。日本経済の回復期待感が欧米よりも強いのであれば納得できるが、日本に対する期待が低いにもかかわらず、円が買われるという奇妙な現象が起こっている。日本企業の収益力は著しく低下しているし、地価の下落率も拡大するなど円の魅力は乏しい。それでも円が強くなる、その仕組みを抉りだそう。

ドバイの問題は限定的だと考えられるが、米国をはじめ欧州でも、デフレにより負債者の負担は増し、ドバイのような問題を抱えていることが、通貨価値に影響していると考えられる。米主要10都市の住宅価格は9月まで5ヵ月連続で上昇しているが、米金融機関の不良債権・貸出比率は9月末、4.9%と1983年以降最悪となり、金融機関の破綻も増え続けている。新たな金融危機のリスクが投機家の脳裏に浮かんだことも、ドル離れに走らせたのではないか。PDFを読む 週刊マーケットレター(091130).pdf

この記事について

この記事は「編集者」の寄稿です。2009年11月29日 18:32.

真正デフレに陥り約17 年前の水準に後退した日本経済 は以前の記事です。

日銀の資金供給手段を評価する は以降の記事です。

ホームページ

ホームページ