米実体経済弱く、マネーは商品市場に流れる

曽我 純:

週末、ドルユーロ相場は1ユーロ=1.5005ドルで終わり、週末値では08年8月第2週 以来、約1年2ヵ月ぶりのユーロ高ドル安である。ユーロ圏が米国の景気よりも回復力が 強いことが、ユーロ高ドル安を進行させている。ユーロの短期金利は0.68%とドル金利を 0.4%も上回っており、金利差からもユーロに資金が向かいやすい地合だ。PDFを読む

この記事について

この記事は「編集者」の寄稿です。2009年10月26日 00:07.

米国の景気回復の持続性に疑問 は以前の記事です。

信用不安が募る米国経済 は以降の記事です。

ホームページ

ホームページ