米金融政策の限界とドル安

曽我 純:

先週末、円高ドル安が進み、今年1月末以来の1ドル=89円台に上昇した。25日に閉幕したG20首脳会議の声明で「持続力のある景気回復が確保されるまで、強固な政策対応を維持する」と表明、米金融政策の変更もしばらくないとの観測が強まり、円高ドル安が加速した。PDFを読む

この記事について