米政策金利は容易に引き上げることはできない

曽我 純:

住宅指標が改善傾向を示したことにより、NYダウは年初来高値を更新した。新車の買 い替え補助制度を24日で終了することや住宅ローンの延滞率、差し押さえ率の上昇とい った悪材料を脇に置いたまま、米株式市場は強気ムードに包まれている。株式相場は強気 が支配しているが、対円・ユーロでドルは弱含みとなっており、対円では一時93円台の 円高ドル安を付けた。各種世論調査が民主党の圧勝を報じ、予算配分が家計を潤すことに よる消費の回復期待、日米の短期金利が限りなく接近、今週は日米逆転し、円高ドル安に 弾みをつけるといった思惑が為替相場に影響しているようだ。PDFを読む

この記事について

この記事は「編集者」の寄稿です。2009年8月23日 19:35.

楽観できない日米経済 は以前の記事です。

本気でプラス成長になると考えているのか は以降の記事です。

ホームページ

ホームページ