日本経済のデフレ強まり、ますます効きにくくなる金融政策

曽我 純:

大企業製造業の利益を左右する最大の要因である輸出は、5月も引き続き大幅な前年割 れとなり、4-6月期の大企業製造業は前期の営業赤字から抜け出すことは難しいように 思う。5月の輸出は金額ベースで前年比-40.9%、数量ベースでも-36.0%と前月からやや悪化した。金額ベースでみると、米国、EUへの輸出は共に45.4%減少し、対アジアは-35.5%と約2ポイントマイナス幅は拡大した。悪化したのは期待している対中国輸出が-29.7%と4ポイントほど減少率が拡大したからである。PDFを読む

この記事について

この記事は「編集者」の寄稿です。2009年6月29日 10:31.

作為性を感じざるを得ない政府の景気底打ち宣言 は以前の記事です。

製造業の5月の生産、前年比3割減で危機的状況続く は以降の記事です。

ホームページ

ホームページ