トヨタの大幅営業赤字予想と2年連続2桁減の鉱工業生産指数

曽我 純:

米国の株価は3月9日を底に反発しているが、日本は1日遅れの3月10日が底となり、 米国を追随した動きを示している。米株が上昇すれば、外人が日本株を買うという期待か ら、個人も買い越しに転じており、商いは膨らんでいる。先週の7日、東証1部の売買代 金は1月7日以来の2兆円超となり、売買高は30億株を超えた。流通市場だけが活況に なり、株式は実体経済とますます掛け離れつつある。PDFを読む

この記事について

この記事は「編集者」の寄稿です。2009年5月10日 20:01.

【ご案内】ゲゼル研究会・東京講演会開催について は以前の記事です。

【ご案内】エントロピー学会東京セミナー開催について は以降の記事です。

ホームページ

ホームページ