米時価会計の緩和で意味をなさなくなった資産査定

曽我 純:

週末ベースでNYダウは4週連続で値上りし、8,000ドル台を回復した。だが、実体経済 は引き続き収縮しており、当然、企業利益も縮小していると考えられることから、回復は 長続きしないだろう。PDFを読む

この記事について

この記事は「編集者」の寄稿です。2009年4月 5日 23:48.

ゲゼル研究会・名古屋講演会、会場変更のお知らせ は以前の記事です。

OECD景気先行指数の20ヵ月連続減と機械受注の外需激減 は以降の記事です。

ホームページ

ホームページ