相場には直物と先物があるそうですが違いは?

直物(じきもの)というのは売り買いの契約を結ぶのと代金の現金の引き渡しがほぼ 同時のものをいいます。ほぼといったのは例えば為替取引の場合であれば、実際の円 とドルの受け渡しが翌々日(2営業日後)までに行われればよいからです。ところが 先物は売り買いの契約がなされて翌々日にあたる直物取引の受渡日を起算日として、 代金の受け渡しが1か月後であれば1か月先物といい、3か月先であれば、3か月先 物というわけです。先物取引の受渡日を応当日といっています。 Morino,Eiichi

この記事について

この記事は「koichi」の寄稿です。2001年11月16日 17:33.

PER は以前の記事です。

貨幣 は以降の記事です。

ホームページ

ホームページ