電子商取引

インターネットの普及で個人や企業の電子取引が拡大しています。流通ビジネスで大 きな変化が起きているわけですが、この取引は取引の主体の違いによって次のように 分けられます。企業間の取引はビジネスとビジネスですから、BtoB(ビーツー ビー)、企業対消費者の場合は、ビジネス対消費者ですからBtoC(ビーツーシー)、 個人間の取引は消費者対消費者ですからCtoC(シーツーシー)といわれます。つまり BtoBといえば企業間で生産に必要な資材や製品を取引することをいうわけです。イン ターネット利用者がネットを利用して商品を買う場合はBtoCですね。ネットオーク ションのような個人間の取引をネット上でする場合は、CtoCというわけです。こうし た電子商取引は市場規模が拡大すると期待されています。 Morino,Eiichi

この記事について

この記事は「koichi」の寄稿です。2001年11月16日 17:30.

株主の権利 は以前の記事です。

PBR(ピービーアール) は以降の記事です。

ホームページ

ホームページ