ハード・カレンシー(Hard Currency)

この表現は、昔、金本位制が採用されていたころ、保有していても、いつでも自由 に、ハードな(Hard 堅い)金属つまり金に変換可能な通貨をさしていました。今日 では一般に額面価額の通りに受け入れられる健全な通貨を指す表現となっています。 Morino,Eiichi

この記事について

この記事は「koichi」の寄稿です。2001年11月16日 17:28.

変動相場制 floating exchange は以前の記事です。

信用取引 は以降の記事です。

ホームページ

ホームページ